--------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
    タグ :

    ブロック・攻撃戦術の変遷についてのツイートまとめ

     2011-04-04
    ayanami2015

    昨日、戦術の変遷という話が出てたので・・・詳しい人、集合! #vabotter #getubare
    03-21 19:48

    バレーの歴史をさらっと流していくと(男子基準)1964年にオリンピック競技に採用。1964年の東京オリンピック、1968年のメキシコシティオリンピックはどちらもソビエト連邦が優勝。ソ連の高さとパワー(個人技)の時代と言っていいのかな。 #vabotter #getubare
    03-21 19:52

    ちなみに、1965年にはブロックのオーバーネットの許容というルール変更が行われている。 #vabotter #getubare
    03-21 19:54

    1972年のミュンヘンオリンピックでは日本が優勝。この時の日本は、Bクイックや一人時間差が武器だったかと。この時の主なブロック戦術はマンツーマンでコミットしていたはず。 #vabotter #getubare
    03-21 19:57

    1976年のモントリオールオリンピックはポーランドが優勝。1980年のミュンヘンオリンピックはソ連が優勝。ただし西側諸国はボイコット。このあたりの時期の戦術のイメージが無い。ちなみに1977年にブロックのワンタッチをカウントしないルールに。 #vabotter #getubare
    03-21 20:01

    このブロックのワンタッチをカウントしないというルール変更が後のリードブロックの開発に繋がっている。 #vabotter #getubare
    03-21 20:05

    このときのバックアタックは、いわゆるC3ですかね? RT @suis_vb: その辺りのポーランドが、バックアタックを戦術として組み込んだ、と言われてますね。勿論、見たことはありません。 #vabotter #getubare
    03-21 20:10

    で、1984年のロサンゼルスオリンピック、1988年のソウルオリンピックではアメリカが優勝。この時のアメリカは「分業システム」を取り入れてソ連の個人技に組織で対応した。リードブロック、2人レセプションシステムなどの戦術が登場。 #vabotter #getubare
    03-21 20:12

    カーチ・キライが取り入れたこの分業システムによって、一気に戦術が広がっていく。オポジットに攻撃力のある選手を配置し、常に3枚攻撃をすることができるようになった。センターがレセプションから外れることでクイックを効果的に使えるようになった。 #vabotter #getubare
    03-21 20:19

    この頃のオポジットはC3を打っていたはず。日本人に馴染みのある選手で言えば、ジルソン・アンデルソンあたりのイメージ。 #vabotter #getubare
    03-21 20:22

    ここらへんから、いろいろと細かいことが出てくるので、詳しい方、補足をよろしくお願いします。& http://bit.ly/f99rBs を見るため、一時休憩。 #vabotter #getubare
    03-21 20:23

    http://bit.ly/f99rBs アメリカ-ソ連を見てると、ブロックシステムの違いが分かりやすいね。&カーチ・キライ若い・・・ #vabotter #getubare
    03-21 20:32

    1990年代に入ると、イタリアがデータを使って相手を分析して戦略をたてるようになります。1990年の世界選手権ではイタリアが優勝。 #vabotter #getubare
    03-21 20:43

    この時、すでにブロック対スパイクの構図が出来ています。よって、両サイドへのセットアップがはやくなっていきます。 #vabotter #getubare
    03-21 20:45

    ブロックとしては、バンチ・リードで相手の攻撃に対応したい。攻撃としては相手のブロックをスプレッド・リードにしたい。この基本的な構図は今でも変わっていません。 #vabotter #getubare
    03-21 20:50

    1992年のバルセロナオリンピックでは、いきなりブラジルが優勝します。それまで、単発だったパイプ攻撃を、前衛のクイックの時間差(テンポ差)として使用しました。 #vabotter #getubare
    03-21 20:55

    前衛のWSがはやい攻撃でアンテナ側にブロックを引きつけ、スプレッドにしておいて、がら空きになった真ん中から攻撃をするという画期的な攻撃の戦術の誕生ですね。 #vabotter #getubare
    03-21 20:59

    ここから、バンチ・リードをしたいブロック側、スプレッドにしたい攻撃側の構図が読み取れます。相手の攻撃を1枚でも無くすためにサーブもより攻撃的になっていきます。ちなみに、この時のブラジルはたしか3人レセプションシステムだったような。 #vabotter #getubare
    03-21 21:02

    攻撃4人対ブロック3人の構図が当たり前になります。どうすれば攻撃の人数やオプションを増やせるか。これが攻撃側のポイントでした。セッターがファーストタッチを行った後に誰がセットアップをするのか。ライト→前衛センター→リベロとなっていきます。 #vabotter #vabotter
    03-21 21:09

    1996年のアトランタオリンピックではオランダが、2000年のシドニーオリンピックでは、ユーゴスラビアが優勝します。ルールでは1995年にファーストタッチのダブルコンタクトが無くなり、1998年にはリベロが導入されました。 #vabotter #getubare
    03-21 21:15

    2004年のアテネオリンピックでは、ブラジルが優勝しました。ついにセカンドテンポのパイプがファーストテンポに。4人が同時にファーストテンポで攻撃をするというシステムが出来上がりました。 #vabotter #getubare
    03-21 21:18

    この攻撃に対応するために、ブラジル以外の国はいろいろと対策をしたのですが、なかなか打ち破ることができませんでした。逆にブラジルはデディケートをすることで、セッターよりレフト側の3枚を押さえ込んでいました。 #vabotter #getubare
    03-21 21:20

    ブラジルはデディケートをしながら、オポジットの攻撃をリードブロックで対応するという高いレベルのブロック技術があった。そこで、攻撃4人対ブロック3人という構図をブラジルはデディケートすることで対応していた。 #vabotter #getubare
    03-21 21:23

    ここからブラジルは2007年まで世界大会を連覇。そのブラジルを破ったのが2008年のペキンオリンピックのアメリカ。アメリカはシチュエーションによってバンチ・リードとスプレッド・リードを使い分けたのが勝因。 #vabotter #getubare
    03-21 21:26

    ブラジルは、アメリカのブロックシステムの使い分けによってオポジットを潰された。ブラジルの生命線であったC1攻撃を封じたアメリカのブロックが勝利につながった。 #vabotter #getubare
    03-21 21:29

    その後、ブラジルは攻撃の戦術を変化させている。それまではセッターを基準にレフト側に3人、ライト側に1人だった攻撃の配置を変化させた。先日の世界選手権では、前衛MBがA1(Cクイック)に入る場面や、後衛WSがA1ビックに入るシーンが増えた。#vabotter #getubare
    03-21 21:32

    つまり、レフト側2人、ライト側2人でファーストテンポによる同時攻撃を行うという攻撃の戦術を見せるようになった。この攻撃の戦術によってレフト側にブロックをデディケートさせづらくさせているのでは。もしくは、オポジットの攻撃の負担を減らしている? #vabotter #getubare
    03-21 21:35

    ここまでが大体のブロックの戦術の変化と、攻撃の戦術の変化。補足があればよろしくお願いします。 #vabotter #getubare
    03-21 21:35

    ちなみに、ブラジルのユースには215cmくらいの左利きのMBがいます。この選手がA1(Cクイック)を多用しています。http://bit.ly/h02rWQ http://bit.ly/gsyMpV http://bit.ly/fv8fSM #vabotter #getubare
    03-21 21:48

    正確には212cmの左利きのMBでした。14 Renan Buiatti 10/01/1990 212cm 85kg スパイク330cm ブロック314cm #vabotter #getubare
    03-21 21:56

    .@P_206RC さんの「ブロック・攻撃戦術の変遷のおはなし(どなたでも編集可)」をお気に入りにしました。 http://togetter.com/li/114483
    03-21 21:58

    ここまでのまとめは、T.wさん @suis_vb のwebページ http://bit.ly/f7FeW5 でさらに詳しく解説されています。たくさん参考にさせていただきました。ありがとうございました。 #vabotter #getubare
    03-21 22:03

    ブロック・攻撃戦術の変遷について、簡単に書いたつもりです。しかし、私が生まれる前や、バレーを始める前のことも含まれていますし、私なりの解釈の部分もあります。何かご指摘がありましたらよろしくお願いします。 #vabotter #getubare
    03-21 22:09

    ここらへんの議論ももう少し深められそうですね。 RT @suis_vb: 吉田清司さんは80年代のアメリカがスプレッド・リードブロックだと言ってらっしゃるんですが、私は同意しかねます。リードブロックだけれど、組織的な意識がないように感じます #vabotter #getubare
    03-21 22:11

    そういえば、ブロック戦術としてスタックブロックとかいうものもありましたね。 #vabotter #getubare
    03-21 22:41

    タグ :
    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://ayanami2015.blog39.fc2.com/tb.php/4-a0137494

    ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。