--------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
    タグ :

    2011年のワールドカップから見えたこと(3) -ブロックシステムについて-

     2012-02-05
    まずはこちらの動画をご覧ください。

    ブラジルのブロックシステムです。セッターのジャンプフローターサーブの時に、Aパスが返ったらリードブロックではなく、コミットブロックを選択していることが分かります。(8番の選手)
    その結果として相手のライト側からの攻撃に対してノーブロックになっています。


    アルゼンチンのMBによるジャンプフローターからのブロックです。
    アルゼンチンは浜松ラウンドあたりから、MBのジャンプフローターサーブの時にAパスが返った時に、コミットでブロックを行なっています。
    こちらはバンチ・シフトから9番の選手がコミットでサイドにブロックに行っていることが分かります。

    リード・ブロックに対応するためのファースト・テンポですが、そのファースト・テンポのシンクロ攻撃を繰り出す可能性が高い局面で、各国は組織的なコミット・ブロックで対応しようとしています。(方法は様々です)

    2008年の北京オリンピックでは、アメリカはブラジルの「セッターのセットアップ位置によってバンチ・リードとスプレッド・リードを使い分け」ていました。
    2011年のワールドカップでは「相手の攻撃がファースト・テンポのシンクロ攻撃の可能性が高い局面で、組織的にコミット・ブロックを行う」ブロック・システムを取り入れるチームが出てきています。

    次回はアルゼンチン代表のブロック・システムをさらに深く見ていきます。
    関連記事
    タグ :
    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://ayanami2015.blog39.fc2.com/tb.php/37-6cca45dc

    ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。