--------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
    タグ :

    2011年のワールドカップから見えたこと(2)

     2012-01-04
    前回に引き続き、2011年のワールドカップ(男子)から見えたこと。

    MBの攻撃は、セッターのセットアップより先に踏み切ってジャンプしておく「マイナス・テンポ」の攻撃が増えた。
    (以前はセッターのセットアップと同時に踏み切ってジャンプする「ファースト・テンポ」が多かった。)
    それは日本で主に行われているクイック(先にジャンプしておいて、低い位置で打つ)と違い、先にジャンプしておいて、高い位置までボールが上がってくるのを待ってからボールをヒットするというものである。
    ただし、ブラジルのMBの攻撃は、相変わらずファースト・テンポであった。

    ブラジルのフリーボールの処理では、アタックライン付近に返球して攻撃をしかける(2010年まで)のではなく、ネット際に返球をしてから攻撃を仕掛けるシーン(MBによる攻撃)が増えた。

    どのチームも、OP、WSがハイセットを打ち切って勝負する場面が増えた。(特にブラジル)ただし、セカンド・タッチの時点で打つ選手が1人しかおらず、3人のブロックがキッチリ揃った場合ではゆるく返球するorリバウンドを取ることも目立つ。

    少しずつですがまとめてみました。
    このあと時間をとって、動画の編集も提示して分かりやすくまとめてみます。
    関連記事
    タグ :
    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://ayanami2015.blog39.fc2.com/tb.php/35-7d81adc5

    ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。