--------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
    タグ :

    世界標準=当たり前のプレー(3) -ライト側へのセットアップ動作-

     2011-10-24
    まずはこちらの動画をご覧下さい。

    日本のバレーボールでイメージされるライト側へのセットアップはこうしたものであることが多い。
    (ライト側へのセットアップでは、セッターの真後ろにセットアップをするというイメージ。)

    全日本女子の竹下が、ライト側へのセットアップ時に「背中を反って」セットアップするのは、まさにこのイメージからであろう。

    しかし、世界標準のバレーボールでは、ライト側へのセットアップの方法が少し違うようだ。
    こちらの動画をご覧下さい。

    これは元男子ブラジルチームのセッター、リカルドのセットアップを集めたものである。
    その中で、ライト側へのセットアップのフォームを注目してみると・・・

    ライト側へのセットアップで、セッターがネット側に向いて、横方向(右方向)へセットアップをしている場面が多いことに気づく。
    特に1:43からのプレーは、明らかに横方向へのセットアップを意識していることが分かる。

    もう少し詳しく見ていくと、ライト側へのセットアップで使う筋肉自体も違うように見える。
    側腹筋(外腹斜筋・内腹斜筋)あたりを使っているように見える。
    (解剖学に詳しくないので、詳しい方がいたら補足してください。)

    ライト側へのセットアップでは、セッターの真後ろに上げるだけではなく、横方向へのセットアップも使用するのが世界標準。
    関連記事
    タグ :
    コメント
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    【2011/10/28 17:23】 | # | [edit]












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://ayanami2015.blog39.fc2.com/tb.php/33-98fe97ab

    ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。