--------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
    タグ :

    世界標準のバレーボール入門 - ブロックシステム(1) リード・ブロックの導入 -

     2011-08-29
    世界標準のバレーボールをするためには何をすればいいのだろうか。
    ナショナルチームの試合をテレビなどで観戦すると、中学生や高校生のチームでやっていることと全く違うバレーのように見える。

    1回目はブロックシステムに注目してみます。

    まずはブロックの種類から。反応の仕方で3パターン。
    1.リード・ブロック
    2.コミット・ブロック
    3.ゲス・ブロック

    では、リード・ブロック、コミット・ブロック、ゲス・ブロックとはそれぞれどんなブロックなのでしょうか。
    まずは動画をご覧ください。



    これはリード・ブロックの例です。キューバのシモンは、セッターのクイックへのセットアップを確認してからブロックに飛んでいます。
    リード・ブロックとは「相手チームのトス(セット)や状況を確認して反応するブロックの飛び方」(バレーペディアより)のことです。



    これはコミット・ブロックの例です。キューバのカメホのAクイックに対して、セッターが上がる前からブロックジャンプの動作を開始して全力でブロックに飛んでいます。
    コミット・ブロックとは「アタッカーの動きに合わせて反応するブロックの飛び方」(バレーペディアより)のことです。



    これはゲス・ブロックの例です。キューバのシモンのBクイックに対して、先読みでブロックに飛んでいます。
    ゲス・ブロックとは「セッターのトスが上がる前に、推測で判断するブロックの飛び方」(バレーペディアより)のことです。
    ここでもう1つゲス・ブロックの例をあげます。



    この動画では、セッターのセットアップ前に推測でライト側の攻撃を止めに行っています。1本目はたまたまその推測が当たったのでシャットアウトをしていますが、2本目は推測が外れてしまっています。
    世界標準のバレーボールをするためには、まずはゲス・ブロックはダメという認識が大切です。プレーヤーが勝手な判断でゲス・ブロックをするのではなく、その場合にはコミット・ブロックを行うことが必要です。
    ゲス・ブロックを排除することが世界標準のバレーボールを導入するための第一歩なのです。


    現在、トップレベルのバレーボールでは、リードブロックが基本となっています。
    しかし、場面によってはコミットブロックを用いることもあります。
    例えば、23-21で負けている場面。負けている側のサーブの時に、ギャンブルでコミットブロックをチーム戦術として用いることもあります。

    原則として、リード・ブロック>コミット・ブロック>>>ゲス・ブロックです。
    リード・ブロックで対応できていればそれでいいのですが、それで対応できない場合は必要に応じてコミット・ブロックをします。ゲス・ブロックをしてはいけません。


    ゲス・ブロックをしてはいけない理由はまた次回以降に。
    関連記事
    タグ :
    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://ayanami2015.blog39.fc2.com/tb.php/24-93555a38

    ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。