--------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
    タグ :

    ファースト・テンポについての考察(1) -ファースト・テンポとは?-

     2011-05-15
    まずはこの動画をご覧ください。



    トランジションからフッカーのC1です。(ただし1歩助走) MBが間に合っていません。



    アメリカ女子ファースト・テンポ(トスミス)の動画です。

    ファースト・テンポには3つの要素があると思われる。
    1.アタッカーの助走開始のタイミング(セッターのセットアップまでに助走をはじめ、セットアップ時に踏み切る)
    2.セッターのトスの頂点と打点の関係(アタッカーの最高到達点=打点がベスト)
    3.他のアタッカーとのシンクロ性

    この3つがすべて完璧にできれば完璧なファースト・テンポの攻撃。

    で、この3つがすべて完璧にできなくても、3つの要素をある程度満たしていれば、ブロッカーとの勝負に勝てる。=ほぼファースト・テンポ
    フッカーのC1は、1は満たしていないが、2と3は満たしている。トスミスの動画は、1と3を満たしている。
    こうした要素はブロッカーが「何をリードするか」を考えると分かりやすいかもしれない。よって、3つの要素以外にも、フェイクトスによるセット、ツーアタックなどがあればブロッカーはさらに対応しづらくなる。
    フェイクトスによるセットは、フッカーのC1の動画でも少し見られる。横トスで上げることでフェイクトス的なセットになっている。ツーアタックは北京オリンピックのロイボールなどで見られる。

    この3つの要素を満たすためにはどうすればいいのか。次回はそこら辺も考察してみます。
    関連記事
    タグ :
    コメント
    このサイドまで伸びなかったアメリカのトスミスを見て、解説者が言っているのが「アメリカのトスも夏と比べるとだいぶ速くなっている」というお粗末さ…
    【2011/05/16 00:53】 | kaz10000 #kGwzQ6aw | [edit]












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://ayanami2015.blog39.fc2.com/tb.php/18-54fe7711

    ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。