--------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
    タグ :

    究極の攻撃戦術を目指して!(2) -ツーアタック-

     2011-05-04
    まずはこの動画をご覧ください。



    2010年の世界バレーから。
    キューバのフリーボールからの攻撃です。キューバのアタッカーが4人同時多発位置差攻撃(シンクロ攻撃)に入ったところ、セッターがツーアタックを行っています。つまり、5人での同時多発位置差攻撃(シンクロ攻撃)です。

    この動画にはもう一つ、面白いところがあります。フリーボールの時に、後衛WSは31に入っています。それをA1に入ると仮定します。その時に、サーバーのシモン(後衛MB)は何もしていません。もったいない。なので、このシモンに31を打たせると・・・なんと、究極の6人攻撃が完成するんです。もっとも、そこまで攻撃人数が必要なのかという議論はあるのですが。

    将来的には、究極の6人同時多発位置差攻撃はともかく、「セッターのツーアタックも含めて、5人、6人のアタッカーのうち、4人使えたらOK」という攻撃戦術もありなのかなと。現在は、「4人のアタッカーのうち、4人使えたらOK」というシステム。

    実際、現時点では、攻撃側の4人同時多発位置差攻撃に対応するために、まずはサーブで崩して攻撃人数を限定させようとしています。また、ブロッカーはできるだけレフト側にデディケートをしようとします。 そうしたディフェンス戦術に対して、攻撃の人数を増やして攻撃側の優位性を保とうとするのは自然な流れです。

    全日本女子がよくいう「日本オリジナル」どうせなら、こうした6人同時多発位置差攻撃とかを実現すれば本当にオリンピックで金メダルも狙えると思うんだ。

    関連記事
    タグ :
    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://ayanami2015.blog39.fc2.com/tb.php/14-684c5c4e

    ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。