--------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
    タグ :

    世界標準のバレーボール入門 - ブロックシステム(3) トータル・ディフェンス導入に向けて -

     2011-10-01
    前回までに、ブロックはリードやコミット(ゲスは論外)といった反応の仕方。デディケートやバンチやスプレッドというシフトがあるということを示した。

    今回は、こうしたブロックシステムとフロアディフェンス(ディグ)を組み合わせる例(トータル・ディフェンス)を示す。
    まずは、こちらの動画をご覧ください。



    2010年の世界バレーから。
    トータル・ディフェンスが分かるかもしれない動画。

    1~3つめのプレーは、ブロックが中をマークするので、ストレートのディガーがストレートを守っていることが分かる。
    4つめのプレーは、そうしたディガーが強打に構えていながら、その後にワンタッチを見てから動いていることが分かる。
    5つめのプレーは、ストレートのディガーの位置取りに注目。ラインを少しまたいでいる。また、ブロックがいるはずの内側に打たれると簡単に決まってしまうことも分かる。

    トータル・ディフェンスはブロックとフロアディフェンスが連携してボールを処理することが大切である。
    ブロックによって相手のスパイクコースを限定して、その場所にディガーを配置したり、ブロッカーがワンタッチをとってから、そのボールをディガーが処理したりすることもトータル・ディフェンスの例であるといえる。


    細かく見ていくと、いろいろとやり方があるのだが、詳細は次回以降で。
    まずトータル・ディフェンスの導入で注目して欲しいのが5つ目のプレーである。
    ストレート側のディガーが、サイドラインを踏み越すくらい極端にポジションを取っている。

    一般に日本のバレーボールの指導では、ストレート側のディガーは、サイドラインの少し(1m程度)内側に位置して守ることが多い。その感覚を持っている人からするとなぜこのような極端なシフトになるか疑問に思うはずである。
    このようなシフトにする根拠はいくつかあるので以下にあげる。

    1.ブロックが内側を押さえる約束になっている。
    例えば、両サイドのブロッカーがコミットでストレート側を押さえる約束をしている場合もある。また、世界標準のブロックシステムであるバンチ・リードではサイドのブロッカーが、コートの真ん中からサイドに移動してブロックを行うので、スパイクはストレート側が抜けやすいというシステム上の理由もある。

    2.ライン上で守ることで、ディグをしたボールが勝手にコートの内側に返りやすい。
    例えば、サイドラインから50cm(ボール2個分弱内側)の場所に強烈なスパイクを打たれたと仮定する。
    その時に、サイドラインから1m内側で守っていると、ディグをした時にコート外にボールが飛んでいくことが簡単に予想できる。
    逆に、サイドライン上で守っていれば、同じボールに対してコートの内側にボールを飛んでいく可能性が高いことが予想できる。先ほどの動画では、3プレー目のディグのシーンである。
    ブロックにふれないで抜けてくる強烈なスパイクに対して、面がどうだとか、肩の入り方がどうだとか、言っている時間はないのである。

    3.選択反応時間の短縮
    選択反応時間
    これは選択反応時間と言われるものを調べた図である。
    (詳細は、このページに書いてあるので興味がある人はご覧ください。)
    簡単に説明すると、1つのものに反応するのではれば、短時間で反応して体を動かすことができるが、選択肢が複数あるものに反応する場合は、その選択肢が多ければ多いほど、実際に反応して体が動くまでに必要な時間が長くなるというものである。
    自分の右も左もあるというような状況よりは、選択肢の少ない状況にしたほうが反応が早くなるので有利である。

    ざっくり書いたので、何かツッコミがあればコメント欄までよろしくお願いします。
    次回は、トータル・ディフェンスに必要なフロアディフェンスの技術について見ていく予定。
    タグ :

    ファースト・テンポについての考察(4) -ファースト・テンポには「時間と高さの幅」がある-

     2011-10-23
    前に、twitterでファースト・テンポについての議論が行われていた。

    「アインシュタインの眼」で放送された、竹下から栗原への"セカンド・テンポ"のパイプ攻撃。を考える

    このまとめの中で「ファースト・テンポのセットアップ軌道」についての議論が行われていた。
    結論として、ファースト・テンポの攻撃でアタッカーがヒットするポイントというのは、1点ではなく、ある程度の幅があるということであった。

    以下、twitterでの議論から

    @suis_vb ファースト・テンポのセットは、スパイク・ヒットの瞬間に「止まって見える」(その1)。セット・アップから約0.1秒ごとのボール位置を赤い丸で表示してみた。テンポは0.64秒。http://twitpic.com/2xsvbr177706647.jpg

    @suis_vb ファースト・テンポのセットは、スパイク・ヒットの瞬間に「止まって見える」(その2)。テンポはやはり0.64秒。http://twitpic.com/2xt012
    177712742.jpg

    @suis_vb 頂点付近(セット・アップから約0.4~0.7秒)ではボールがせいぜい高さ10cm前後のところで「留まっている」のに対し、頂点を越えた約0.7秒以降は、わずか0.1秒ごとに大きくボールの高さは「落ちて」いく。

    @suis_vb アタッカーの最高到達点で「止まって見える」セットを上げれば、ボールが頂点付近で0.4秒ぐらい「止まっている」ので、アタッカーが空中で操作できる余裕がある。

    ということを、T.wさんが言われています。

    <追記>
    @suis_vb 理論値は、頂点の手前で高さ約-5cmから、頂点越えて高さ約-5cmまで、つまり頂点高から5cm下の幅で0.2秒漂う、です。

    ファースト・テンポというと、セットアップされたボールの放物線の頂点と、スパイカーの最高打点が一致するただ1点で行う攻撃であると誤解している人も多いのですが、実際にはボール1個分程度の「時間と高さの幅」があります。

    次回は、ファースト・テンポの幅について「時間と高さ」以外の部分に注目してみます。
    タグ :
    ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。