--------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
    タグ :

    ブロック・攻撃戦術の変遷についてのツイートまとめ

     2011-04-04
    ayanami2015

    昨日、戦術の変遷という話が出てたので・・・詳しい人、集合! #vabotter #getubare
    03-21 19:48

    バレーの歴史をさらっと流していくと(男子基準)1964年にオリンピック競技に採用。1964年の東京オリンピック、1968年のメキシコシティオリンピックはどちらもソビエト連邦が優勝。ソ連の高さとパワー(個人技)の時代と言っていいのかな。 #vabotter #getubare
    03-21 19:52

    ちなみに、1965年にはブロックのオーバーネットの許容というルール変更が行われている。 #vabotter #getubare
    03-21 19:54

    1972年のミュンヘンオリンピックでは日本が優勝。この時の日本は、Bクイックや一人時間差が武器だったかと。この時の主なブロック戦術はマンツーマンでコミットしていたはず。 #vabotter #getubare
    03-21 19:57

    1976年のモントリオールオリンピックはポーランドが優勝。1980年のミュンヘンオリンピックはソ連が優勝。ただし西側諸国はボイコット。このあたりの時期の戦術のイメージが無い。ちなみに1977年にブロックのワンタッチをカウントしないルールに。 #vabotter #getubare
    03-21 20:01

    このブロックのワンタッチをカウントしないというルール変更が後のリードブロックの開発に繋がっている。 #vabotter #getubare
    03-21 20:05

    このときのバックアタックは、いわゆるC3ですかね? RT @suis_vb: その辺りのポーランドが、バックアタックを戦術として組み込んだ、と言われてますね。勿論、見たことはありません。 #vabotter #getubare
    03-21 20:10

    で、1984年のロサンゼルスオリンピック、1988年のソウルオリンピックではアメリカが優勝。この時のアメリカは「分業システム」を取り入れてソ連の個人技に組織で対応した。リードブロック、2人レセプションシステムなどの戦術が登場。 #vabotter #getubare
    03-21 20:12

    カーチ・キライが取り入れたこの分業システムによって、一気に戦術が広がっていく。オポジットに攻撃力のある選手を配置し、常に3枚攻撃をすることができるようになった。センターがレセプションから外れることでクイックを効果的に使えるようになった。 #vabotter #getubare
    03-21 20:19

    この頃のオポジットはC3を打っていたはず。日本人に馴染みのある選手で言えば、ジルソン・アンデルソンあたりのイメージ。 #vabotter #getubare
    03-21 20:22

    ブロック・攻撃戦術の変遷についてのツイートまとめ の続きを読む

    タグ :
    ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。