--------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
    タグ :

    クイックについての考察(2) -高いところで打つ-

     2011-05-14
    まずはこの動画をご覧ください。



    2009年のグラチャンの日本対キューバ 松本のAクイックを、キューバのシモンがシャットしています。
    低いAクイックに対して、キューバのMBはリード・ブロックで対応していることが分かります。逆にサイドのブロッカーはスプレッドになって、それぞれのサイドをマークしています。ちなみに松本の最高到達点は358cmくらいだったかと。



    山村のBクイックですが、マイナス・テンポ気味の攻撃で、どちらも高さを生かしきれていません。
    特に2本目は、低くて速いトスになっています。

    ブロッカー心理で見ても面白い動画です。
    1本目は1セット目、2本目は2セット目の映像です。
    1本目の映像では、相手のMBはリード・ブロックをしています。
    2本目の映像では、相手のMBがコミットしています。



    理想的なマイナス・テンポのクイックです。セッターのセットアップ前に踏み切っています。
    高さに対抗するには・・・低いトスをはやく打たなければという意識になっているのかな・・・
    マイナス・テンポのトスって打ちづらそうだなぁ・・・威力もあまりないし、打てるコースも狭そう。



    こちらはBクイックです。セットアップより先に飛んでいますね。マイナス・テンポ気味の攻撃です。
    日本人でサーキュラーの選手が少ないのって、セッターのトスが問題なんじゃないだろうか。世界ではMBでもサーキュラーの選手がたくさんいる。そういう選手が打つクイックは高くてはやいファースト・テンポ。

    低いところではやく打つのがクイックなのではなく、高いところではやく打つのがクイック。こうしたクイックへの意識が世界標準への第一歩!
    タグ :

    世界標準=当たり前のプレー(1) -ディグ-

     2011-07-21
    世界標準のプレーというと、トップレベルの選手だけができるものすごいプレーだと考える人が多い。
    実はそんなことはなく、誰でもできることを高いレベルでやっているだけのことも多い。
    また、一昔前は常識だったことでも、今ではそうではないということもたくさん。
    技術論、戦術論など様々な角度から指摘していきます。

    今回からシリーズでネタがある限りやっていこうというコーナー。はっきりいって月バレの布村先生のコーナーのパクリです。

    第1回目は、強打のディグから。
    まずはこちらの動画をご覧ください。





    この2つの動画は一般的な女子バレーで多く見られる強打のディグです。
    ボールがアタックヒットされる前にステップを踏んでからディグをしています。

    一般的には、強打のディグは「ハンズミドルで構えて、ステップを踏んで行うもの」という認識がありませんか?
    中高生の特に女子においてはかなりのチームがそういう指導をしています。

    次にこちらの動画をご覧ください。



    こちらの動画でディグを見ると、ステップを踏まずに、ハンズダウンで構えている例が多いことに気が付きます。

    世界標準のプレーでは当たり前のことがたくさん。

    1.ディグはハンズダウンで構えている。
    2.ディグのインパクトの瞬間に、親指が下を向いていない。(上を向いている)まさに「掘る」ような動作がある。
    3.ディグのインパクトの瞬間に、背中が猫背になっていない。
    4.意外と肘に近い部分でもディグをしている。(肘に近い部分でもかなり上がっている。)

    他にも気づかれた「当たり前」があればコメントお願いします。


    ノーステップのディグの練習。

    (追記)
    このエントリーで言っている「ステップ」とは、中学女子によくみられる少し前に進むステップのことです。



    この動画のようなステップのことです。世界レベルの選手が行っているステップ(たぶんスプリットステップと言われるもの)とは少し違うと思うのですが・・・

    次に動画のキャプチャーから。
    ボールが当たる直前、ボールが当たる瞬間、ボールが当たった直後についてです。
    当たる直前1
    当たった瞬間1
    当たった直後1


    当たる直前2
    当たった瞬間2
    当たった直後2


    当たる直前3
    当たった瞬間3
    当たった直後3


    当たる直前4
    当たった瞬間4
    当たった直後4


    当たる直前5
    当たった瞬間5
    当たった直後5



    当たる直前6
    当たった瞬間6
    当たった直後6



    当たる直前7
    当たった瞬間7
    当たった直後7



    当たる直前8
    当たった瞬間8
    当たった直後8


    すべて、異なるシーンで同じフォームは無いのですが、その中であえて共通点を探すと・・・
    ・ハンズダウンで構えている。
    ・背中を猫背にしていない。
    ・当たった直後に手を組んでいない(ことが多い)=アンリンクドで捕球している?

    くらいでしょうか。何か気づかれた方はコメント欄にお願いします。
    タグ :
    ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。